石垣島の20代男性、感染者の父親の手記

感染者の父親からのLINEだそうです。

みんなに情報共有して、少しでも異変を感じたら、医療機関に強く訴えるようにして欲しいそうです

みんな成りたくてなってないから

ご心配と不安をおかけしました。

20代男性は、息子です。

詳細を記します。

3月上旬に、息子の友達の友達が大阪から島に遊びに来てて、何名かで飲食を共にしたそうです。

その後、その方が大阪に帰ってから、感染したとの報告を受け、息子は接触者を懸念して、八重山保健所に連絡をしてその旨を伝えたらしい。

保健所からは、一応、接触者なので、職場に伝えて休業を取るよう進められ、1週間、お店は閉店したそうです。

閉店後、保健所の許可をもらい、営業を再開。

3日間、営業しましたが、息子が、発熱ぎみになったので、帰宅。

その夜、38度を計測したとのこと。それが4月3日の事です。

4日土曜日に熱も下がり体調も不安ではなかったので、土曜はお店を開けたけど、暇でノーゲストだったので、20時に閉めて、そのまま帰宅してる。

週明け、月曜火曜と仕事に出たけど、両日とも暇なので、早めに帰宅してるそうです。

7日、再度、発熱があって、保健所にその旨を伝えたら、とりあえず、自宅療養で様子を見てくださいと指示を受け、待機。

8日、インフルエンザに掛かってると診察されたそうです。

その後も、発熱がある。

11日土曜日、午前中に病院に連れてって診察を受けさせました。

咳、発熱、供に治る症状が見れなかったので、医師に、PCR検査をお願い出来ませんか?と言うたら、全ての人に検査を施すのは無理があるし、医療に携わってる、医師、看護師も受けなければならないと。

ならば、CTを撮って下さい❗と言うて、撮らせたら、医師から、肺炎に掛かってると言われました。

その時に、採血・点滴治療をし、その後、処方箋を受け、10日間、様子を見てくださいと言われました。

採取した検体を県に送ったところ、週明け月曜朝に、八重山病院の医師から、陽性反応してるとの連絡を受け、13日午後13時に入院。

その後は、県の発表となってます。

家では、自宅療養中、家中の窓は全開で換気してたのと、息子は自室隔離してたので、ほぼほぼ、接触はしてないのが正直なとこです。

濃厚接触者となった家族は、自宅待機で、アルコール除菌と1時間毎に体温計で体温を測定し、今のところ、体調の変化も倦怠感もありません。

この様な形で、市での感染者を出してしまい、皆さんには多大な不安を抱えさせてしまい、ほんとに申し訳なく思ってます。

ただ、別からも、同じ様な症状が出る可能性もあるので、感染予防の徹底を心掛けるようにお願いします。

家族も、個人で出来る範囲の二次感染防止に努めます。

この度は、ほんとにご心配と不安をおかけしました。